フォロワー

2016年4月26日火曜日

住宅の悩み事 「窓が閉まらない!!」

十勝、帯広・音更の工務店 猪子建設の猪子でございます♪

本日 ご紹介する悩み事は、 「窓サッシの 扉が、きちんと閉まらない!!」
という事で、
毎年真冬に 窓の隙間からの冷たい空気に
悩まされていたお客様のお宅に
ご訪問させて頂きました。

これが問題の 窓なのですが、




                       ↑
一瞬、
〈あれ?窓ガラスが割れている!?〉と 思ったのは
私だけでは ないはず(ー_ー)!!

ペアガラスの中の 「ロー・イー」という 金属膜(室内や屋外の熱を通しずらくする膜)が
はがれてきている という珍しい現象でした(゜o゜)

個人的にはこちらの方が 気になってしまい
つい 写真をとってしましいました(;一_一)
こんなことも あるんですね~。


次回は こちらの窓取り替え状況を ご報告したいと思います。


本日も、 猪子のブログにお付き合いありがとうございました。







2016年4月19日火曜日

住宅基礎工事2

十勝 音更町 猪子建設 の かめおかです。 前回紹介した基礎工事のつづきです。鉄筋検査を受け 合格 ベースコンクリートを流し込んでいるところです。 家を支える重要な工事です。  
本日天気も良く気温も上がり打設には良い日になりました。工事も順調に進んでいます。                                                                          




 
                 







ベースコンクリート打設状況


基礎ベース枠にコンクリートを流し込んでいる様子 と 打設完了状況

2016年4月12日火曜日

「夢のマイホームが、傾かないために!!」

十勝、帯広・音更の工務店 猪子建設の猪子でございます♪

今回は この春から新築させて頂く現場の 地盤調査の状況をご紹介致します。

どのような調査をするのか?と いいますと、




                           ↑
建物の建つ位置(外周の4ツ角)で 写真のような、緑色の機械を使い、
地盤面から 何mの深さに 支持地盤(建物を支えられる固い層)があるのか?
という事だったり
「その場所に建物を、建てても 沈むことはないか?」 という事を
土質や、地形条件等 さまざまな角度から検討して 総合的に
判断していきます(ー_ー)!!


調査の結果、その場所が
しっかりとした地盤であれば、そのまま基礎を施工することができますが、
軟弱地盤で「不動沈下」(建物が不均等に沈下する現象)
を 起こす事が想定された場合は地盤補強工事が必要になります。


こちらの現場では
地盤補強工事は しなくても問題ない調査結果になりました\(^o^)/


ところで 「不動沈下」を起こした建物に住んでいると
めまいや肩こりなど身体的に 支障をきたしたりして
健康に悪影響を与えると言われています……(゜o゜)


あの世界的に有名な イタリアの「ピサの斜塔」も
不動沈下によるものだそうです。







                           ↑
もし 夢のマイホームが
こんなに 傾いてしまったら……住みずらさ半端ないですよね~(;一_一)

そういう風な事を避けるためにも
地盤調査は 今の家造りには欠かせない 大事なポイントです。


ただ 私は、ピサの斜塔が 建物としての魅力があると思うので
観光もかねて 是非見学しに行きたいと思っています。

いつかは 行きたいな~ イタリア(^O^)

本日も猪子のブログに お付き合いありがとうございました。








2016年4月5日火曜日

住宅基礎工事始まる

十勝 音更町  猪子建設の かめおか です。 住宅基礎工事はじめます。今年は雪どけも早く現地には雪はなくたすかりました。 前日地鎮祭も 済ませ、工事が事故もなく無事おわるよう     
工事進めていきたいと思います。                                                                                                  
 




        やり方 完了  明日から根堀開始します。




基礎根堀状況  40ミリの砕石入れ地盤ランマー転圧した状況です。


 
 
 
 
 
基礎ベース枠取り付け鉄筋組み上げ状況です。 検査をうけ 問題なければ、基礎ベース枠内にコンクリートを流し込みます。 
 
           



以上基礎工事の状況を紹介しました。





2016年4月1日金曜日

隣地境界の悩み 解決!!

十勝・帯広、音更の工務店 猪子建設の猪子でございます♪

前回の更新から、間が空いてしまいました(汗)
これではだめですね(・.・;)

さて、気を取り直しまして今回のブログは 前回ご紹介したフェンス設置工事の
完成報告を させて頂きたいと思います。


長年、隣地建物からの落雪等の被害に 悩んでいたお客様がついに
念願のフェンス設置により 隣地との境界を明確にできました!

工事の始まる少し前まで、隣地境界線から お隣さんの家の間(3m弱)には
カーポートが建っていたそうです(写真左側のスペース)……それは狭いですよね~。





                             ↑
その狭い写真がこちらで、工事の状況としては 「フェンスの支柱」を 地杭の丸穴に 仮で設置しているところです。

手前の三脚に載っている 「レベル」という機械で 支柱の高さを 「人の目」 でのぞきながら
1本ずつ高さを 決めていきます(ー_ー)

この「レベル」という機械は なんと1㎜の誤差もシビアにのぞくことができる機械なので
、高さ出しには欠かせないものである と、同時に 常に水平に設置されていることが命なのです! 


この三脚をずらした時には 職人さんはきっと怒るでしょう。

なので廻りを歩くときは そろーり ゆっくりと歩きます(笑)






                             ↑
地杭の丸い穴に支柱を本設置した後に モルタルを詰めて根元を固定している状況です。

そして この後の工程で 仕上げのモルタルを詰めていきます!





                   ↑
最近、風の強い日が 続いていたので 念のためにモルタルが固まるまで
ひもでフェンスを固定しています。

それにしても、見事にフェンスが真っ直ぐに立っています(ー_ー)!!
見ていて気持ちがいいですね(^O^)






                   ↑
フェンス設置完了!!

木目調の縦パネルが、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

結構スタイリッシュな感じがするものですね!(^^)!


工事が完了した3月26日は 偶然にも北海道に新幹線開通の記念日と重なっていました。
お客様にとっても 今回の工事によって 長年の隣地境界の悩みを解消できた 記念日に
なれば 嬉しいなと思います(^O^)

本日も 猪子のブログにお付き合い ありがとうございました。